ITに関するさまざまなトピックを紹介するサイトです
このコンテンツはお使いのブラウザには対応しておりません。
新しいバージョンのブラウザでアクセスしてください。

ADT BundleへのAnyEdit toolsプラグイン追加


AnyEdit tools という編集機能を強化するEclipseのプラグインがあります。
このプラグインは、ファイル保管時にタブとスペースを自動変換する、行末の余分なスペースを削除する機能などを提供します。
ここでは、Android開発環境であるADT Bundleに AnyEdit tools プラグインをインストールする手順を紹介します。

Eclipseのプラグインインストール方法には、更新サイトを利用する方法と手動インストールする方法があります。

プラグインインストール方法(2014/7/23追記)

当初はEclipse4.2に対して更新サイトから AnyEdit tools プラグインをインストールする方法はサポートされていませんでした。 手動でインストールする必要があったので、このページを作成したのですが、その後、Eclipseの後続のバージョンに対してもサポートされるようになりました。
そのため、手動でインストールする必要はなくなり、更新サイトからインストールする方法は特別に取り上げるほどのトピックではないので、このページはあまり意味のないものになってしまいました。 ページを削除しようかとも考えましたが、Eclipseのプラグインのインストール方法を紹介するページとして残すことにしました。
更新サイトからインストールする方法と手動インストールする方法を併記しています。
  このページのコンテンツは、2013年6月と2014年7月における動作確認に基づいて作成しています。
その後のプロダクトやモジュールのバージョンアップにより、手順や操作などが変更される可能性があります。
また、特定の環境においてのみ動作確認しているため、記載通りの結果にならない可能性があることをご了承ください。

更新サイトからインストールする手順

プロダクト バージョン
Windows7 Professional 64bit
ADT Bundle 2014/07/02リリース 32bit
Eclipse 4.2
Pleiades 1.5.0
AnyEdit tools 2.4.10
「ヘルプ」メニューの「新規ソフトウェアのインストール...」をクリックします。
「作業対象」の欄に AnyEdit tools プラグインの更新サイトのURL http://andrei.gmxhome.de/eclipse/ を入力します。
Eclipseのバージョンでグループ化されてプラグインが表示されます。
AnyEdit toolsプラグインのインストール画面
「Eclipse 3.6 - 4.4 plugins」を展開して、「AnyEditTools」にチェックを入れます。
「次へ」ボタンをクリックします。

確認画面が表示されるので、もう一度「次へ」ボタンをクリックします。
ライセンスに同意する必要があります。
AnyEdit toolsプラグインのライセンス確認画面
「使用条件の条項に同意します」を選択します。
「完了」ボタンをクリックします。
署名がないという警告が表示されます。
署名なしのセキュリティ警告画面
「OK」ボタンをクリックして、インストールを続行します。
ADT Bundleを再起動します。

手動でインストールする手順

プロダクト バージョン
Windows7 Professional 64bit
ADT Bundle 2013/05/14リリース 32bit
Eclipse 4.2
Pleiades 1.4.0
AnyEdit tools 2.4.3
当初リリースされたADT BundleはEclipse3.8がベースでしたが、2013/05/14リリース版ではEclipse4.2にバージョンアップしていました。
この時、AnyEdit toolsプラグインの更新サイトが対応しているのはEclipse3.7まででした。
AnyEdit toolsプラグインを手動でインストールします。
AnyEdit tools Eclipseプラグインサイトには、「Installation」、「Manual Download」セクションなどが記載されています。
AnyEdit tools Eclipseプラグインサイトのインストールに関するセクション
AnyEdit tools Eclipseプラグインサイトの「Manual download」セクションの「Here」リンクをクリックすると、ファイルのダウンロードリンクのページに遷移します。
いくつかのバージョンのプラグインのダウンロードリンクが表示されています。
AnyEdit tools Eclipseプラグインサイトのダウンロードリンクのページ
Eclipse4.2に対応しているVersion2.4.3のファイルをダウンロードします。
ダウンロードするファイルは、de.loskutov.anyedit.AnyEditTools_2.4.3.201211022220.jarです。

ダウンロードしたjarファイルをADT BundleのEclipseのdropinsフォルダに配置します。
ADT Bundleを展開したフォルダを「%ADT_Bundle%」とした場合、配置場所は「%ADT_Bundle%¥eclipse¥dropins」になります。

ADT Bundleが起動中だった場合は再起動します。

AnyEdit toolsプラグインの設定

「ウィンドウ」メニューの「設定」をクリックします。
左側の設定項目の階層の「一般」-「エディター」の下に「AnyEdit ツール」が追加されています。
左ペインで「AnyEdit ツール」を選択すると、右ペインに各種項目の設定画面が表示されます。
AnyEdit toolsプラグインの設定画面

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。